c0y7108j4hwdd のすべての投稿

中小企業に転職する主たるメリットとは

人々の転職活動には、必ず理由があります。その中の1つに、中小規模の会社に転職したいというものがあります。大企業にお勤めの方々が、敢えて中小企業に勤めたいとのニーズもある訳です。

1.幅広い仕事にチャレンジできるメリット

まず中小企業の場合は、大企業と違って役割はあまり細分化されていない傾向があります。大企業の場合は、かなり役割分担が厳格に決まっていて、1つの細かな部署を担当するケースがほとんどです。

大企業の営業部に配属された場合は、基本的に営業活動のみに専念する事になります。ところが中小企業の場合は、もっと幅広い仕事を任される事が多いのです。営業だけでなく、経理や受付や人事など非常に幅広い仕事を任されるケースも少なくありません。

そして人によっては、幅広い仕事に挑戦したいと思っている事もあるのです。大企業の限られた職種ではなく、色々なお仕事に挑戦してみたいと思うなら、大企業から中小企業に転職する選択肢もあります。

2.出世のスピードが比較的早い

また中小企業の場合は、出世に関わる特徴があるのです。大企業の場合は、出世できるまでにかなりの日数がかかるケースも珍しくありません。入社してから1つ上のランクに上がるまでに、大企業では10年ほどかかるとしましょう。

さらに上のランクに上がるには、もう10年必要などといった具合です。ところが中小企業の場合は、それよりはもっとスピーディーに出世できる傾向があります。10年などではなく、早ければ1年以内に上のランクに出世できるケースも珍しくないのです。

ですので高ポストを狙うならば、大企業に勤めるより中小企業に転職するのが良いとの考えもある訳です。

20代・30代・40代の転職でキャリアを発揮するために気を付けるポイント

3.意見が反映されるのが早い

それと中小企業では、意見に関わる大きな特長があります。意見は、比較的通りやすい傾向があるのです。それもかなりの高確率で通ります。大企業の場合は、意見が必ずしも通ると限りません。

勤めている従業員の人数も多いので、多数決のルールなどによって、別の方の意見が優先されるケースも珍しくないからです。また大企業の場合は、自分が出した意見が採用されるまでにかなり時間がかかります。

中小企業と違って組織体系も複雑になっているので、それだけ時間もかかることが多い訳です。

しかし中小企業の場合は、比較的速やかに意見が反映されるので、それにやりがいを見出している方々も少なくありません。ですので意見の反映が大切だと思うなら、中小企業に転職するのも一法です。

4.成果が収入に反映される企業も多い

それと中小企業は、成果主義が採用されている所も目立ちます。頑張った分は、きちんと給料に反映される企業も多く見られる訳です。

大企業の場合はそうとは限らず、たとえ会社で頑張ったとしても、それが必ずしも給料に直結するとは限りません。ですので頑張りを収入に反映してほしいと望むなら、大企業よりは中小企業の方が良いとも言える訳です。

中小企業で働く魅力

以上から、中小規模の会社の特徴としては次のような点があります。

・幅広い仕事
・出世スピード
・意見反映
・頑張りは給料に還元される

このように中小企業には色々な魅力があるので、敢えて大企業から中小規模の会社に転職をする方々も、決して珍しくありません。

こうなったら考えよう!転職を考えるきっかけ

転職を考える人は最近すごく増えています。でも、みな、どのタイミングで転職を考えているのでしょうか?転職を考えるのには、かならずきっかけがあるはずです。

ここではそんな、みんなが転職を考えるきっかけについて紹介していきます。もしこういうきっかけが自分にも当てはまるのであれば、転職を考えてみてはいかがでしょうか。

「今の仕事を辞めたい」と思ったとき – 転職ならDODA(デューダ)

1.仕事での成長が見込めなくなった

ある程度の年月を務めていくと、もうこれ以上この仕事では成長できない、もうこれ以上この会社では成長できないなと感じることもありますよね。

そうして、その会社、その仕事で成長が見込めなくなったら、それをきっかけとして転職を考える方が多いです。やはり、仕事をするのであれば、お金を得るというところ以外にも目標を設定したいものです。

その目標として成長があります。ですから、成長ができないというのは、すごく大きいことなのです。今は良くても次第に働くことのモチベーションを維持することが難しくなっていくことでしょう。

だからみなそういうきっかけで転職を考えるようになるのです。今の自分はどうか、考えてみてください。

2.仕事の時間以外で仕事のことを考えるのがツラくなった

仕事の時間以外で仕事の事を考えるのがツラいというのは、その仕事の環境が自分に合っていないというサインです。もちろんプライベートと仕事はしっかり分けるタイプという方もたくさんいます。

でも、そういう方でも、プライベートの時間で「あ、これはあの仕事に活かせそう」と思うことがあるものです。普通はそうなのに、プライベートの時間にそうしてちょっとでも仕事のことが頭に浮かぶと元気がなくなる方がいます。そういう方が、これをきっかけに転職を考えだすのです。

それは精神衛生上正しい行動かもしれませんね。そこまでツラい思いをしながら今の仕事を続けても、鬱になったりしてしまう可能性もありますから、もしこういうタイミングがあったら、その時には転職を考えるのが正解でしょう。

3.まわりの同世代と比べて給料が低いことに気が付いた

まわりの同世代と給料を比べたというきっかけで、転職を決意した方も少なくないです。同じくらいの仕事量をしているはずの同世代の方が、自分よりもかなり多くの給料をもらっていることが分かれば、それは誰でも転職したいと思うものですよね。

似たような仕事でもっと多くの給料をもらえるようなところもおそらくたくさんあるわけですから、それならばそこにうつった方が早いです。同じ会社にずっといて給料が上がるのも待つよりも、転職した方がよほど早く給料が高くなります。ですから、皆転職を決意するのでしょう。

面接ではポジティブな理由に言いかえよう

転職を意識するきっかけは、ほとんどの場合でネガティブなものです。ここで紹介してきた、

・仕事での成長ができないからモチベーションが続かない
・仕事内容や人間関係についてのストレスが限界にきている
・給料に不満がある

というきっかけも全てネガティブなものです。でも、転職の面接などでそれをそのまま伝えるとまず弾かれてしまうので、きっかけはこういうきっかけでよいので、いざ転職する時には、何かポジティブな理由に言いかえるようにしていきましょう。

きちんと知ってから考えよう!転職のデメリット

転職は、確かに希望にあふれているものです。ですが、メリットしかないのかと言われると間違いなくそんなことはありません。転職にも、デメリットはあるのです。

そんな転職のデメリットに無関心で転職をしていっても、おそらく転職は上手くいかないですよね。そこでここでは、転職のデメリットについて紹介します。

1.仕事がうまく出来なくなる可能性がある

同じような仕事であったとしても、転職先と今までの会社ではやり方がまったく違うでしょう。ですから、今までのところではこれくらい出来ていたなぁ~という仕事も、新しい会社ではその半分くらいしかできなくなる可能性もあるのです。

もしそうなってしまったら、間違いなく今の会社にいるよりも評価は低くなりますよね。もちろんいつかはそのやり方にも慣れてきて、ある程度仕事ができるようになってくるでしょう。

でもそれでも、今までずっとその方でやっている人たちに比べたらきっと仕事は出来ないはずです。それでは、いつまでも評価されませんね。それでは転職して良かったとはならないでしょう。そうなる可能性があるというのが、転職のデメリットの一つです。

2.退職金が低くなる

そもそも退職金なんて出ないから関係ないという方もいるかもしれませんが、もし今の会社や次の会社で退職金が出るという場合には、これは大きなデメリットなのではないでしょうか。

退職金は、金属年数に応じて変わってくるものです。ですから、転職をしたら、その時点で退職金が少なくなるのです。

もちろん退職金が少なくなる代わりに年収や月収が大幅にふえて、退職金分くらい月々の給料で十分にカバーできるというのであれば、このデメリットはあまり関係なくなるでしょう。ですが、なかなかそういうのはレアケースなのではないでしょうか?

転職したからといって、そうそうそこまで待遇は変わりません。ですから、きちんと将来のお金のことまで考えてから転職を決断するべきでしょう。それからでもまず遅くはないはずです。

3.信用の問題が生じてくる

転職のデメリットとして最後に紹介するのは、信用の問題です。転職を繰り返していると、簡単に逃げ出すクセがある人のように思われてしまいますよね。

もちろん一回くらいの転職であればそうなることはないですが、自分が転職をするのが1回だと、誰が断言できるでしょうか?1回転職したら、転職クセがつく人も少なくないですし、もう一度転職したくなる可能性もあります。

でもその時に、一度転職をしていると、「もしかしたらこの人を採用してもまた転職されてしまうかもしれない」と思われてしまうのです。そうして次第に転職活動は上手くいかなくなるでしょう。

転職が普通の時代になったとはいえ、まだまだそういう考えの方のほうが圧倒的に多いです。ですから、転職はそういう信用問題のデメリットがあるということは覚えておきましょう。

デメリットを理解して決めよう

転職のデメリットにはこういうものがあります。まとめると、

・仕事のやり方になじめなくなる可能性がある
・将来もらえるお金が減るかもしれない
・信用的な問題がずっと残る

ということです。そんなデメリットがあっても今よりはいいかなと思えたら、きっとその転職は失敗しません。悪いところにも目を向けて、理解し、見比べて考えていってください。

転職先について悪い話を聞いた時にどうすべきか / 人事

転職のための生じた空白期間をどう説明するのか

転職は新しい職場が決まるまでに時間がかかる場合も多く、仕事をしていない空白期間も生まれがちです。採用担当者が空白期間に何をしていたかを聞いてくることも多いため、志望動機や自己PRと絡めて考えておくことも基本になります。

1.何もしていないと引きだしの少ない人間と思われることも

仕事をしていない期間はブランクと思われる場合が多く、その間に何をしていたかが重要になる場合もあります。これは常に仕事をしていないと仕事勘が鈍る業種もあるからで、同時に仕事で空き時間が生まれても、何かしらの仕事を見つける能力を測ることにもなります。

企業としては少しでも勤勉で、優秀な人材を確保したいのが本音です。例え転職活動中であっても、簡単な資格の勉強をするなど会話の種を育てておくことも必要で、常に向学心を持って行動していることをアピールすることで交換を得やすくなります。

素直に転職活動以外に何もやっていなかったと答えてもコミュニケーション能力を疑われる可能性もあるので、回答には注意が必要です。

2.資格の勉強をしておくと有利

空白期間を活かせる代表的なものが資格の取得です。特に需要が高い資格を取得することで人材としての評価が高まることもあります。

転職のノウハウを身に着けるためにビジネススクールに通うのも方法で、資格にかけなくて勉強をしていたことや、自分への投資を行っていたことはプラスになることが多いのです。

近年有利になりつつあるのが語学留学です。外国語スキルを活用したいと言う企業が増えており、社内公用語を英語にしている企業すらあります。単純に覚えるだけなら国内でもできますが、人材としての有用性を高めるのであれば外国での経験は糧になります。

様々な価値観で揉まれた人は視野も広くなる傾向があるため、国際感覚を持ち帰るつもりで留学を検討するのも一つの方法です。

就職・転職に有利な資格 | 第二新卒・既卒・フリーターのためのRe就活

3.家族の面倒を見るのも正当な理由

転職の理由が家族の介護のためなどやむを得ない理由であることもあります。スキルやキャリアだけでなく、感情や人格性で訴えるのも一つの方法です。

家族を養うために働かなければならないという使命感や、あるいは責任感がある人間としてのプラスの評価につながることも有ります。

積極的に使うかは個人の判断によりますが、職場でも様々な形で助力を得られるケースもあるため、相談がしやすい状態であれば話しておくのも方法です。

また、人間的に恥ずかしいことをしていないと言う、誇りを持って堂々と挑むことも大切です。会社に迷惑をかけるのではと疑いながらでは、どうしても態度に出てしまいます。

プライベートと仕事はきっちりと別ける、あるいは家族のために出来ない仕事があるのであれば別な面で返す等、前向きな姿勢の方が評価に繋がるのです。

堂々と説明できる理由を作る

転職時の空白期間はほぼ必ず面接の際で指摘を受けます。

・引きだしの無い人間と思われないように回答を用意しておく
・資格の勉強をしておく
・家族の面倒を見ていたなら堂々と答える

など、それぞれに対策が必要になります。基本として覚えておきたいのが、堂々と答えることです。自信をもって答えられないと嘘をついているのかと疑われるだけでなく、仕事自体への能力が疑われるケースも出てきます。

どのような理由であれ、自分は精いっぱいやってきたと言う姿勢をアピールすることが、交換を得るポイントになるのです。

転職の際のWebテスト対策はどの程度行うべきか

大企業を中心に就職試験にWebテストを導入しているケースも増えています。就職試験で経験した人も増えていますが、毎年問題は更新されているため油断は禁物といえます。

また、Webテストといっても様々な形式があり、転職者や中途採用者向けの問題が採用されているケースも多く、専用の対策も必要になります。

1.最初はテストの種類のリサーチが基本

Webテストといっても様々な会社から問題が出ており、各企業はテスト会社から問題を買って運用をしているケースが通常です。

これはWebテストが手軽である反面、不正対策や運用にコストがかかるからで、委託してしまった方がコスト削減になることも多いからです。テストセンターで受験できるものもあるため、テスト日を一日に集中させず済むと言う、転職者にとってのメリットもあります。

各テストメーカーで問題の傾向も異なっているため、それぞれに対策をすることが大切になりますが、基本的にどの問題が採用されているか企業は公開していません。

しかし、過去の就職試験に採用された問題から契約しているメーカーを推測することも可能なため、大きな手掛かりとなります。

2.ひとまず試してみることも大切

Webテストは無料で模擬試験形式のものが用意されている場合もあります。最新の情報出ない場合も多く、就職試験で実際に使われるものとは乖離している可能性もありますが、基本操作を覚えることや、時間間隔を覚えるためには有効です。

とりあえずどれくらいのペースで進められるかを確認するためにも試してみることは大切なのです。無料のテスト以外では、問題集とセットで販売されている書籍なども存在しています。

時間の節約に有効のため、最初から有料のテスト選んで学習するのも方法です。年度が替わることで問題傾向が大きく変わることもありますが、似たような問題が使いまわされているケースもあり、何度かこなすだけでも点数アップに結び付くこともあります。

ただし、言い回しが微妙に異なることで正解自体も大きく変化していることもあるため、ひっかけ問題には注意が必要です。

3.筆記試験対策なども忘れずに

Webテストは試験で一番最初に行われるケースも多くあり、足きりのラインになっている場合もあります。また、Webテストを受けた後に小論文の試験があるなど、それぞれに必要なテストも変わってきます。

日程と試験内容を確認した上でそれぞれの対策をする必要もあります。Webテストがどれだけ出来るかは人によって異なります。特に専門職であれば専用のテストが出ることも多く、数カ月単位で腰を据えて覚えた方がいいケースもあります。

仕事と両立するのか、仕事をやめて転職活動に専念しているかでも大きく変わります。試験日程が決定しているならそれに合わせた調整も必要になるため、全体的な配分も含めた調整能力が重要になるのです。

リサーチしてからの対策を

Webテストを実施している企業はおおくありますが、他の試験との組み合わせは企業によって変わります。

・テストの種類のリサーチを行う
・模擬テストで腕試し
・筆記試験など同日に試験がある場合は兼ね合いも重要

まずは企業が行うWebテストの種類の特定と、自分の状況の確認、他試験と含めた調整など様々な準備を行う必要があります。試験まで余裕があるかは仕事をつづけながらの転職か、辞めてから転職かでも変わってきます。

常に勉強時間をとれるとは限らないため、時間の確保も含めた総合的な調整能力が問われることもあるのです。

信用できる転職エージェントのおすすめ紹介ページはこちら

転職でアピールできる強みの見つけ方

転職では、自分の強みをいかにしてアピールするかがすごく重要です。でも、そんな自分の強みがなかなか見つけられないという方もたくさんいることでしょう。

それでは転職活動に際して不安が募るばかりだと思います。そこでここでは、そんな方のために、転職でアピールできる強みの見つけ方を紹介していきます。

1.前職での仕事経験を書きだす

転職活動での強みは、やはり前職から持ってくるのが一番良いです。ですから、まずは前職での経験を書きだしていくことがオススメです。前職での経験を書きだす際には、5w1hを意識すると簡単に書いていくことが出来ます。5w1hでの書きだし方としては、

・どういう会社で仕事をしていたか
・どんな内容の仕事をしたか
・なぜその仕事をしていたのか
・どんな風なスケジュールで仕事をしたか
・どんな方たちとの間で、あるいはどんな方たちに向けて仕事をしたか
・そこではどういう工夫をしていたのか

という書き出し方になります。まずはこれを書きだしていくことで、改めて客観的に自分とその会社での仕事を見つめなおすことが出来るでしょう。

2.希望の会社で活きる能力を考える

次にするべきは、自分が転職したいと思っている会社では、どんな能力のある人物が求められているのかを考えたり調べたりすることです。それらを調べておかないと、見当違いのアピールをしてしまう可能性も出てきます。

その強みがあっても、その会社にとってはまったく関係のないようなことを強みとしてアピールしても、それで相手から魅力的に思ってもらえるはずもありません。

ですから、転職で強みとしてアピールすることは、必ず相手が魅力的に思えるような、その会社で役立つ強みでないとならないのです。だからこそ、それをきちんと調べたり、考えたりしないとならないというわけです。

ネット上でも色々とどういう人物、どういう能力が求められているのかということは調べることが出来るでしょうし、自分の想像でも問題ないので、きちんと考えておきましょう。

3.経験の中から会社で活きる能力を探す

希望の会社で活きるであろう能力は、とりあえず自分が持っていないものでもなんでもいいのでたくさん書きだしてみましょう。

そうしてたくさん書きだしたものと、先に書いておいた5w1hを見比べて、その中から、自分にはその強みがあるとアピールできる出来そうなものを探していきましょう。

物は言いようですので、たくさん書きだしていけば必ず何かしら「このあたりの経験からこれはアピールできそうだな」と思えるものが見つかるはずです。あとはその強みを証明するエピソードのようなものを細かく考えていけば、強みの完成です。

二つの視点で考えよう

転職での強みは、こうして、前職と転職先の二つの視点で考えていくと簡単に的確なものを見つける事ができます。的確な強みを見つけて的確にアピールするためにも、是非これらの事を参考にしてみてください。そして、その強みで、転職の成功を勝ち取っていきましょう。

履歴書にツカエル!自己PRサンプル文例【リクナビNEXT

面接前にチェックしたい!面接で気を付けるべきマナー

転職の面接では、面接が久しぶりという方もたくさんいると思います。ですから、知らず知らずのうちにマナー違反をしてしまう可能性もあります。

そうしてマナーが悪くなると、面接の中でその下がった評価を取り戻すのは非常に難しいです。ですから、出来れば、マナー違反を犯さずに面接をおえたいですよね。そこでここでは、面接前にチェックしておきたい転職面接で気を付けるべきマナーについて紹介します。

1.挨拶は自発的に行うべし

挨拶でのマナーというのは、すごくみられるマナーです。たとえば、入室し椅子の前まで来たらきちんと「本日はよろしくお願いいたします。」という。

ただそれだけのマナーもできていない人が意外に多いです。もしこうしてこちらから自発的に挨拶をするというマナーが守れていないと、社会人としての当たり前のマナーを疑われてしまいます。

転職では、どこの会社もそういう基礎的な社会マナーの身についている方を採用したいと思っていますから、挨拶という基礎の基礎のマナーがすごく大切になるのです。きちんと椅子前では、自発的に挨拶をし、面接が終わったら目を見てお礼を言いましょう。

2.正しいマナーの入室を行おう

挨拶の前に気を付けるべきマナーもあります。それが、入室の仕方です。挨拶に比べてそこまで厳しく見られているということはありませんが、それでもやはりこれができているのといないのでは、社会人としてのレベルの差を感じられてしまうでしょう。

ですから、出来ていた方がよいに決まっています。正しい手順としては、以下の通りです。

・ノックを3回する
・相手のリアクションが聞こえたら「失礼します」と述べてドアを開ける
・身体を入れて、しっかり後ろを向いてドアを閉める
・向きなおして一礼をする
・椅子まで歩き、椅子前で挨拶をする

こういう手順で挨拶をしていけば、マナー違反となることはないでしょう。

3.身だしなみを整える

当たり前と言えば当たり前ですが、身だしなみもよく見られます。ですから、身だしなみを整えるということも、すごく大切な転職の面接のマナーとなります。

たとえば、よれよれのスーツでこられると、やる気がないのか?と感じられてマナーが悪いと思われてしまいます。逆にきちんとアイロンのかけられたシャツやスーツでこられると、キリっとしていてマナーが良いと思われるでしょう。

もちろん身だしなみとして整えるべきはスーツだけではありません。髪型もそうでうし、靴もそうです。さらには手の爪などもみられる時には見られます。細部までしっかりと整えて、きちんとしたマナーの良い自分を演出していってください。

簡単なマナーなので覚えておこう

ここで紹介したマナーは、どれもすごく簡単なことですよね。ですから、しっかりこれらのマナーを覚えておくようにしてください。こんな簡単なマナー一つで印象が大きく変わるのですから、覚えておかないと損ですよ。

しっかり覚えて、しっかりマナーを守り、相手が望む社会人力の高さをアピールしていきましょう。