転職の際のWebテスト対策はどの程度行うべきか

大企業を中心に就職試験にWebテストを導入しているケースも増えています。就職試験で経験した人も増えていますが、毎年問題は更新されているため油断は禁物といえます。

また、Webテストといっても様々な形式があり、転職者や中途採用者向けの問題が採用されているケースも多く、専用の対策も必要になります。

1.最初はテストの種類のリサーチが基本

Webテストといっても様々な会社から問題が出ており、各企業はテスト会社から問題を買って運用をしているケースが通常です。

これはWebテストが手軽である反面、不正対策や運用にコストがかかるからで、委託してしまった方がコスト削減になることも多いからです。テストセンターで受験できるものもあるため、テスト日を一日に集中させず済むと言う、転職者にとってのメリットもあります。

各テストメーカーで問題の傾向も異なっているため、それぞれに対策をすることが大切になりますが、基本的にどの問題が採用されているか企業は公開していません。

しかし、過去の就職試験に採用された問題から契約しているメーカーを推測することも可能なため、大きな手掛かりとなります。

2.ひとまず試してみることも大切

Webテストは無料で模擬試験形式のものが用意されている場合もあります。最新の情報出ない場合も多く、就職試験で実際に使われるものとは乖離している可能性もありますが、基本操作を覚えることや、時間間隔を覚えるためには有効です。

とりあえずどれくらいのペースで進められるかを確認するためにも試してみることは大切なのです。無料のテスト以外では、問題集とセットで販売されている書籍なども存在しています。

時間の節約に有効のため、最初から有料のテスト選んで学習するのも方法です。年度が替わることで問題傾向が大きく変わることもありますが、似たような問題が使いまわされているケースもあり、何度かこなすだけでも点数アップに結び付くこともあります。

ただし、言い回しが微妙に異なることで正解自体も大きく変化していることもあるため、ひっかけ問題には注意が必要です。

3.筆記試験対策なども忘れずに

Webテストは試験で一番最初に行われるケースも多くあり、足きりのラインになっている場合もあります。また、Webテストを受けた後に小論文の試験があるなど、それぞれに必要なテストも変わってきます。

日程と試験内容を確認した上でそれぞれの対策をする必要もあります。Webテストがどれだけ出来るかは人によって異なります。特に専門職であれば専用のテストが出ることも多く、数カ月単位で腰を据えて覚えた方がいいケースもあります。

仕事と両立するのか、仕事をやめて転職活動に専念しているかでも大きく変わります。試験日程が決定しているならそれに合わせた調整も必要になるため、全体的な配分も含めた調整能力が重要になるのです。

リサーチしてからの対策を

Webテストを実施している企業はおおくありますが、他の試験との組み合わせは企業によって変わります。

・テストの種類のリサーチを行う
・模擬テストで腕試し
・筆記試験など同日に試験がある場合は兼ね合いも重要

まずは企業が行うWebテストの種類の特定と、自分の状況の確認、他試験と含めた調整など様々な準備を行う必要があります。試験まで余裕があるかは仕事をつづけながらの転職か、辞めてから転職かでも変わってきます。

常に勉強時間をとれるとは限らないため、時間の確保も含めた総合的な調整能力が問われることもあるのです。

信用できる転職エージェントのおすすめ紹介ページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です