転職のための生じた空白期間をどう説明するのか

転職は新しい職場が決まるまでに時間がかかる場合も多く、仕事をしていない空白期間も生まれがちです。採用担当者が空白期間に何をしていたかを聞いてくることも多いため、志望動機や自己PRと絡めて考えておくことも基本になります。

1.何もしていないと引きだしの少ない人間と思われることも

仕事をしていない期間はブランクと思われる場合が多く、その間に何をしていたかが重要になる場合もあります。これは常に仕事をしていないと仕事勘が鈍る業種もあるからで、同時に仕事で空き時間が生まれても、何かしらの仕事を見つける能力を測ることにもなります。

企業としては少しでも勤勉で、優秀な人材を確保したいのが本音です。例え転職活動中であっても、簡単な資格の勉強をするなど会話の種を育てておくことも必要で、常に向学心を持って行動していることをアピールすることで交換を得やすくなります。

素直に転職活動以外に何もやっていなかったと答えてもコミュニケーション能力を疑われる可能性もあるので、回答には注意が必要です。

2.資格の勉強をしておくと有利

空白期間を活かせる代表的なものが資格の取得です。特に需要が高い資格を取得することで人材としての評価が高まることもあります。

転職のノウハウを身に着けるためにビジネススクールに通うのも方法で、資格にかけなくて勉強をしていたことや、自分への投資を行っていたことはプラスになることが多いのです。

近年有利になりつつあるのが語学留学です。外国語スキルを活用したいと言う企業が増えており、社内公用語を英語にしている企業すらあります。単純に覚えるだけなら国内でもできますが、人材としての有用性を高めるのであれば外国での経験は糧になります。

様々な価値観で揉まれた人は視野も広くなる傾向があるため、国際感覚を持ち帰るつもりで留学を検討するのも一つの方法です。

就職・転職に有利な資格 | 第二新卒・既卒・フリーターのためのRe就活

3.家族の面倒を見るのも正当な理由

転職の理由が家族の介護のためなどやむを得ない理由であることもあります。スキルやキャリアだけでなく、感情や人格性で訴えるのも一つの方法です。

家族を養うために働かなければならないという使命感や、あるいは責任感がある人間としてのプラスの評価につながることも有ります。

積極的に使うかは個人の判断によりますが、職場でも様々な形で助力を得られるケースもあるため、相談がしやすい状態であれば話しておくのも方法です。

また、人間的に恥ずかしいことをしていないと言う、誇りを持って堂々と挑むことも大切です。会社に迷惑をかけるのではと疑いながらでは、どうしても態度に出てしまいます。

プライベートと仕事はきっちりと別ける、あるいは家族のために出来ない仕事があるのであれば別な面で返す等、前向きな姿勢の方が評価に繋がるのです。

堂々と説明できる理由を作る

転職時の空白期間はほぼ必ず面接の際で指摘を受けます。

・引きだしの無い人間と思われないように回答を用意しておく
・資格の勉強をしておく
・家族の面倒を見ていたなら堂々と答える

など、それぞれに対策が必要になります。基本として覚えておきたいのが、堂々と答えることです。自信をもって答えられないと嘘をついているのかと疑われるだけでなく、仕事自体への能力が疑われるケースも出てきます。

どのような理由であれ、自分は精いっぱいやってきたと言う姿勢をアピールすることが、交換を得るポイントになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です