中小企業に転職する主たるメリットとは

人々の転職活動には、必ず理由があります。その中の1つに、中小規模の会社に転職したいというものがあります。大企業にお勤めの方々が、敢えて中小企業に勤めたいとのニーズもある訳です。

1.幅広い仕事にチャレンジできるメリット

まず中小企業の場合は、大企業と違って役割はあまり細分化されていない傾向があります。大企業の場合は、かなり役割分担が厳格に決まっていて、1つの細かな部署を担当するケースがほとんどです。

大企業の営業部に配属された場合は、基本的に営業活動のみに専念する事になります。ところが中小企業の場合は、もっと幅広い仕事を任される事が多いのです。営業だけでなく、経理や受付や人事など非常に幅広い仕事を任されるケースも少なくありません。

そして人によっては、幅広い仕事に挑戦したいと思っている事もあるのです。大企業の限られた職種ではなく、色々なお仕事に挑戦してみたいと思うなら、大企業から中小企業に転職する選択肢もあります。

2.出世のスピードが比較的早い

また中小企業の場合は、出世に関わる特徴があるのです。大企業の場合は、出世できるまでにかなりの日数がかかるケースも珍しくありません。入社してから1つ上のランクに上がるまでに、大企業では10年ほどかかるとしましょう。

さらに上のランクに上がるには、もう10年必要などといった具合です。ところが中小企業の場合は、それよりはもっとスピーディーに出世できる傾向があります。10年などではなく、早ければ1年以内に上のランクに出世できるケースも珍しくないのです。

ですので高ポストを狙うならば、大企業に勤めるより中小企業に転職するのが良いとの考えもある訳です。

20代・30代・40代の転職でキャリアを発揮するために気を付けるポイント

3.意見が反映されるのが早い

それと中小企業では、意見に関わる大きな特長があります。意見は、比較的通りやすい傾向があるのです。それもかなりの高確率で通ります。大企業の場合は、意見が必ずしも通ると限りません。

勤めている従業員の人数も多いので、多数決のルールなどによって、別の方の意見が優先されるケースも珍しくないからです。また大企業の場合は、自分が出した意見が採用されるまでにかなり時間がかかります。

中小企業と違って組織体系も複雑になっているので、それだけ時間もかかることが多い訳です。

しかし中小企業の場合は、比較的速やかに意見が反映されるので、それにやりがいを見出している方々も少なくありません。ですので意見の反映が大切だと思うなら、中小企業に転職するのも一法です。

4.成果が収入に反映される企業も多い

それと中小企業は、成果主義が採用されている所も目立ちます。頑張った分は、きちんと給料に反映される企業も多く見られる訳です。

大企業の場合はそうとは限らず、たとえ会社で頑張ったとしても、それが必ずしも給料に直結するとは限りません。ですので頑張りを収入に反映してほしいと望むなら、大企業よりは中小企業の方が良いとも言える訳です。

中小企業で働く魅力

以上から、中小規模の会社の特徴としては次のような点があります。

・幅広い仕事
・出世スピード
・意見反映
・頑張りは給料に還元される

このように中小企業には色々な魅力があるので、敢えて大企業から中小規模の会社に転職をする方々も、決して珍しくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です