こうなったら考えよう!転職を考えるきっかけ

転職を考える人は最近すごく増えています。でも、みな、どのタイミングで転職を考えているのでしょうか?転職を考えるのには、かならずきっかけがあるはずです。

ここではそんな、みんなが転職を考えるきっかけについて紹介していきます。もしこういうきっかけが自分にも当てはまるのであれば、転職を考えてみてはいかがでしょうか。

「今の仕事を辞めたい」と思ったとき – 転職ならDODA(デューダ)

1.仕事での成長が見込めなくなった

ある程度の年月を務めていくと、もうこれ以上この仕事では成長できない、もうこれ以上この会社では成長できないなと感じることもありますよね。

そうして、その会社、その仕事で成長が見込めなくなったら、それをきっかけとして転職を考える方が多いです。やはり、仕事をするのであれば、お金を得るというところ以外にも目標を設定したいものです。

その目標として成長があります。ですから、成長ができないというのは、すごく大きいことなのです。今は良くても次第に働くことのモチベーションを維持することが難しくなっていくことでしょう。

だからみなそういうきっかけで転職を考えるようになるのです。今の自分はどうか、考えてみてください。

2.仕事の時間以外で仕事のことを考えるのがツラくなった

仕事の時間以外で仕事の事を考えるのがツラいというのは、その仕事の環境が自分に合っていないというサインです。もちろんプライベートと仕事はしっかり分けるタイプという方もたくさんいます。

でも、そういう方でも、プライベートの時間で「あ、これはあの仕事に活かせそう」と思うことがあるものです。普通はそうなのに、プライベートの時間にそうしてちょっとでも仕事のことが頭に浮かぶと元気がなくなる方がいます。そういう方が、これをきっかけに転職を考えだすのです。

それは精神衛生上正しい行動かもしれませんね。そこまでツラい思いをしながら今の仕事を続けても、鬱になったりしてしまう可能性もありますから、もしこういうタイミングがあったら、その時には転職を考えるのが正解でしょう。

3.まわりの同世代と比べて給料が低いことに気が付いた

まわりの同世代と給料を比べたというきっかけで、転職を決意した方も少なくないです。同じくらいの仕事量をしているはずの同世代の方が、自分よりもかなり多くの給料をもらっていることが分かれば、それは誰でも転職したいと思うものですよね。

似たような仕事でもっと多くの給料をもらえるようなところもおそらくたくさんあるわけですから、それならばそこにうつった方が早いです。同じ会社にずっといて給料が上がるのも待つよりも、転職した方がよほど早く給料が高くなります。ですから、皆転職を決意するのでしょう。

面接ではポジティブな理由に言いかえよう

転職を意識するきっかけは、ほとんどの場合でネガティブなものです。ここで紹介してきた、

・仕事での成長ができないからモチベーションが続かない
・仕事内容や人間関係についてのストレスが限界にきている
・給料に不満がある

というきっかけも全てネガティブなものです。でも、転職の面接などでそれをそのまま伝えるとまず弾かれてしまうので、きっかけはこういうきっかけでよいので、いざ転職する時には、何かポジティブな理由に言いかえるようにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です