転職の際のWebテスト対策はどの程度行うべきか

大企業を中心に就職試験にWebテストを導入しているケースも増えています。就職試験で経験した人も増えていますが、毎年問題は更新されているため油断は禁物といえます。

また、Webテストといっても様々な形式があり、転職者や中途採用者向けの問題が採用されているケースも多く、専用の対策も必要になります。

1.最初はテストの種類のリサーチが基本

Webテストといっても様々な会社から問題が出ており、各企業はテスト会社から問題を買って運用をしているケースが通常です。

これはWebテストが手軽である反面、不正対策や運用にコストがかかるからで、委託してしまった方がコスト削減になることも多いからです。テストセンターで受験できるものもあるため、テスト日を一日に集中させず済むと言う、転職者にとってのメリットもあります。

各テストメーカーで問題の傾向も異なっているため、それぞれに対策をすることが大切になりますが、基本的にどの問題が採用されているか企業は公開していません。

しかし、過去の就職試験に採用された問題から契約しているメーカーを推測することも可能なため、大きな手掛かりとなります。

2.ひとまず試してみることも大切

Webテストは無料で模擬試験形式のものが用意されている場合もあります。最新の情報出ない場合も多く、就職試験で実際に使われるものとは乖離している可能性もありますが、基本操作を覚えることや、時間間隔を覚えるためには有効です。

とりあえずどれくらいのペースで進められるかを確認するためにも試してみることは大切なのです。無料のテスト以外では、問題集とセットで販売されている書籍なども存在しています。

時間の節約に有効のため、最初から有料のテスト選んで学習するのも方法です。年度が替わることで問題傾向が大きく変わることもありますが、似たような問題が使いまわされているケースもあり、何度かこなすだけでも点数アップに結び付くこともあります。

ただし、言い回しが微妙に異なることで正解自体も大きく変化していることもあるため、ひっかけ問題には注意が必要です。

3.筆記試験対策なども忘れずに

Webテストは試験で一番最初に行われるケースも多くあり、足きりのラインになっている場合もあります。また、Webテストを受けた後に小論文の試験があるなど、それぞれに必要なテストも変わってきます。

日程と試験内容を確認した上でそれぞれの対策をする必要もあります。Webテストがどれだけ出来るかは人によって異なります。特に専門職であれば専用のテストが出ることも多く、数カ月単位で腰を据えて覚えた方がいいケースもあります。

仕事と両立するのか、仕事をやめて転職活動に専念しているかでも大きく変わります。試験日程が決定しているならそれに合わせた調整も必要になるため、全体的な配分も含めた調整能力が重要になるのです。

リサーチしてからの対策を

Webテストを実施している企業はおおくありますが、他の試験との組み合わせは企業によって変わります。

・テストの種類のリサーチを行う
・模擬テストで腕試し
・筆記試験など同日に試験がある場合は兼ね合いも重要

まずは企業が行うWebテストの種類の特定と、自分の状況の確認、他試験と含めた調整など様々な準備を行う必要があります。試験まで余裕があるかは仕事をつづけながらの転職か、辞めてから転職かでも変わってきます。

常に勉強時間をとれるとは限らないため、時間の確保も含めた総合的な調整能力が問われることもあるのです。

転職エージェントのおすすめはこちら

転職でアピールできる強みの見つけ方

転職では、自分の強みをいかにしてアピールするかがすごく重要です。でも、そんな自分の強みがなかなか見つけられないという方もたくさんいることでしょう。

それでは転職活動に際して不安が募るばかりだと思います。そこでここでは、そんな方のために、転職でアピールできる強みの見つけ方を紹介していきます。

1.前職での仕事経験を書きだす

転職活動での強みは、やはり前職から持ってくるのが一番良いです。ですから、まずは前職での経験を書きだしていくことがオススメです。前職での経験を書きだす際には、5w1hを意識すると簡単に書いていくことが出来ます。5w1hでの書きだし方としては、

・どういう会社で仕事をしていたか
・どんな内容の仕事をしたか
・なぜその仕事をしていたのか
・どんな風なスケジュールで仕事をしたか
・どんな方たちとの間で、あるいはどんな方たちに向けて仕事をしたか
・そこではどういう工夫をしていたのか

という書き出し方になります。まずはこれを書きだしていくことで、改めて客観的に自分とその会社での仕事を見つめなおすことが出来るでしょう。

2.希望の会社で活きる能力を考える

次にするべきは、自分が転職したいと思っている会社では、どんな能力のある人物が求められているのかを考えたり調べたりすることです。それらを調べておかないと、見当違いのアピールをしてしまう可能性も出てきます。

その強みがあっても、その会社にとってはまったく関係のないようなことを強みとしてアピールしても、それで相手から魅力的に思ってもらえるはずもありません。

ですから、転職で強みとしてアピールすることは、必ず相手が魅力的に思えるような、その会社で役立つ強みでないとならないのです。だからこそ、それをきちんと調べたり、考えたりしないとならないというわけです。

ネット上でも色々とどういう人物、どういう能力が求められているのかということは調べることが出来るでしょうし、自分の想像でも問題ないので、きちんと考えておきましょう。

3.経験の中から会社で活きる能力を探す

希望の会社で活きるであろう能力は、とりあえず自分が持っていないものでもなんでもいいのでたくさん書きだしてみましょう。

そうしてたくさん書きだしたものと、先に書いておいた5w1hを見比べて、その中から、自分にはその強みがあるとアピールできる出来そうなものを探していきましょう。

物は言いようですので、たくさん書きだしていけば必ず何かしら「このあたりの経験からこれはアピールできそうだな」と思えるものが見つかるはずです。あとはその強みを証明するエピソードのようなものを細かく考えていけば、強みの完成です。

二つの視点で考えよう

転職での強みは、こうして、前職と転職先の二つの視点で考えていくと簡単に的確なものを見つける事ができます。的確な強みを見つけて的確にアピールするためにも、是非これらの事を参考にしてみてください。そして、その強みで、転職の成功を勝ち取っていきましょう。転職

面接前にチェックしたい!面接で気を付けるべきマナー

転職の面接では、面接が久しぶりという方もたくさんいると思います。ですから、知らず知らずのうちにマナー違反をしてしまう可能性もあります。

そうしてマナーが悪くなると、面接の中でその下がった評価を取り戻すのは非常に難しいです。ですから、出来れば、マナー違反を犯さずに面接をおえたいですよね。そこでここでは、面接前にチェックしておきたい転職面接で気を付けるべきマナーについて紹介します。

1.挨拶は自発的に行うべし

挨拶でのマナーというのは、すごくみられるマナーです。たとえば、入室し椅子の前まで来たらきちんと「本日はよろしくお願いいたします。」という。

ただそれだけのマナーもできていない人が意外に多いです。もしこうしてこちらから自発的に挨拶をするというマナーが守れていないと、社会人としての当たり前のマナーを疑われてしまいます。

転職では、どこの会社もそういう基礎的な社会マナーの身についている方を採用したいと思っていますから、挨拶という基礎の基礎のマナーがすごく大切になるのです。きちんと椅子前では、自発的に挨拶をし、面接が終わったら目を見てお礼を言いましょう。

2.正しいマナーの入室を行おう

挨拶の前に気を付けるべきマナーもあります。それが、入室の仕方です。挨拶に比べてそこまで厳しく見られているということはありませんが、それでもやはりこれができているのといないのでは、社会人としてのレベルの差を感じられてしまうでしょう。

ですから、出来ていた方がよいに決まっています。正しい手順としては、以下の通りです。

・ノックを3回する
・相手のリアクションが聞こえたら「失礼します」と述べてドアを開ける
・身体を入れて、しっかり後ろを向いてドアを閉める
・向きなおして一礼をする
・椅子まで歩き、椅子前で挨拶をする

こういう手順で挨拶をしていけば、マナー違反となることはないでしょう。

3.身だしなみを整える

当たり前と言えば当たり前ですが、身だしなみもよく見られます。ですから、身だしなみを整えるということも、すごく大切な転職の面接のマナーとなります。

たとえば、よれよれのスーツでこられると、やる気がないのか?と感じられてマナーが悪いと思われてしまいます。逆にきちんとアイロンのかけられたシャツやスーツでこられると、キリっとしていてマナーが良いと思われるでしょう。

もちろん身だしなみとして整えるべきはスーツだけではありません。髪型もそうでうし、靴もそうです。さらには手の爪などもみられる時には見られます。細部までしっかりと整えて、きちんとしたマナーの良い自分を演出していってください。

簡単なマナーなので覚えておこう

ここで紹介したマナーは、どれもすごく簡単なことですよね。ですから、しっかりこれらのマナーを覚えておくようにしてください。こんな簡単なマナー一つで印象が大きく変わるのですから、覚えておかないと損ですよ。

しっかり覚えて、しっかりマナーを守り、相手が望む社会人力の高さをアピールしていきましょう。